FX超入門!FXってなんだろう?

これからFXにチャレンジする方は、FXと聞いてどのような印象をもつでしょうか?おそらく期待と不安でいっぱいな、入学式や初めてのデートのような心境ではないでしょうか?

そのどちらもとても素直でよい感情だと思います。そして正しいです。FXは仕組みを理解すれば怖いものではありません。たくさんのメリットがある素晴らしい経済活動です。一方で、きちんとした情報を持ち合わせず、いきあたりばったりなトレード生活には常に必要以上のリスクが伴い大変危険です。

まずは、FXっていったいなんだろう?と、仕組みを理解して必要以上の恐怖を払拭して、期待に燃えましょう。

FXとは

FXとは Foreign Exchange の略称で、日本語では「外国為替」というふうに訳されます。

平たくいうと、外国通貨同士の両替、です。外国通貨同士、という表現にした理由としては必ずしも日本円が関係しているわけではないからです。世界では「米ドルを売り、ユーロを買う」といった具合に円以外の取引もされています。もちろん円の売買も可能です。

ニュースで円安、円高という用語を聞いたことがあるでしょう。

FXは各国通貨のリアルタイムな価値の差額をうまく利用して利益を上げることを目的としています。1ドルが100円のときに買い、101円のときに売れば1円の儲けですね。それを淡々と繰り返すのがFXです。

お気づきでしょうか?「FX」という行為そのものは、普段の経済活動(お仕事、アルバイト等)と同じく道徳的に良い、悪いといった基準はありません。FXとは為替の変化の中から利益を得る行為です。

為替レートとチャート

いま、1ドルが100円のときに買い、101円で売る、と言いました。これが「為替レート」と呼ばれるものです。レートは常に変動しています。レートを表示する画面を「チャート」と呼びます。このような画面です。

円高、円安ってなに?

円高・円安という言葉を解説します。

世界にはさまざまな通貨があり、それぞれの価値・価格がリアルタイムに変動しています。その価格差からを利用し収益をあげるのがFXです。

円安というのは円の価値が下がる、という意味をもちます。つまり本日1米ドル100円とした場合、明日101円であれば円安となります。ドル円100円が101円になったら円安なのです。増えてるのになぜ?と思う方もいらっしゃると思います。

円高の場合は100円が99円になったら円高といえます。なぜか?

答えは簡単で「いままで1ドルで100円分の価値を買えていたが、101円分のものを買えた」から円安なのです。円の価値が下がってしまったから、1ドルが101円になったと。1ドルが200円になったなら、円の価値が半分になった、といえます。

輸出産業にとって円安は、自分たちの商品をより安く海外へ輸出できるから歓迎です。円の価値が国内で下がるわけではありませんから、輸出産業の会社は潤います。国内にて1台100万円で売っている車が、円安のおかげで90万円相当の価値のドルで販売できる、といったイメージですね。逆にこれだと、日本の輸入産業はダメージを受けます。100万円で入手できていたものが120万円必要になったら出費が増えますよね。

そもそもどうして為替レートがうごくの?

平日5日間の間は1分も休むことなくレートは動き続きます。なぜか?

世の中の僕たちのような個人投資家を含む世界中の投資家たちが絶えず売買を繰り返しているからです。

円が売られれば円の価値は下がり円安へ、イギリスのポンドが買われればポンド高へ、という具合に投資家の売買のバランスが為替レートに反映されるのです。

先進国では中国だけが自国通貨の価値を固定しています。アメリカ含む各国はいい加減固定を辞めてほしいと訴えていますが・・・、別のお話なので割愛しておきましょう。

通貨ペア

さきほどから「米ドルと円」を比較しています。なぜ「米ドル」と表現しているか?実はオーストラリアもドル、カナダもドルを導入しています。それぞれ異なる価値を持っています。(現時点で1米ドルは107円、1豪ドルは67円)

取引をするときには、通貨ペアを意識しましょう。「ドル円」といった場合は米ドルと円の通貨ペアを指します。FXや銀行で使われる表記として、ドル:USD、円:JPYをあわせUSDJPYと表記されます。「ドル円が107円」といえば、1ドルが107円、という意味ですす。

コレ以外にも、ユーロドル(EURUSD)や、ポンドドル(GBPUSD)などと言った通貨ペアが存在します。FXを取引する際に利用する証券会社(厳密には証券会社ではないのですが)によって、取り扱い通貨ペア数が違います。いずれご紹介、解説しますね。メジャーな通貨に関してはどの会社を利用しても取引できます。

相関性の話もまたいずれ詳細をお話しますが、たとえば「空前絶後の円安」となってしまった場合には、USDJPYだけではなくEURJPY(ユーロ円)や、GBPJPY(ポンド円)なども一緒に円安に進むことでしょう。それぞれが独立した為替レートを持っているのではなく、相場はある程度の相関性を保ちながら動いています。

FX取引をするメリット

  1. スタートが早い、ハードルが低い。爆発力もある。
  2. 少額から始められる
  3. コツコツ積み重ねる世界

スタートが早い、ハードルが低い。爆発力もある。

お金を稼ぐにはたくさんの手段があります。企業に務める、アルバイトをする、メルカリで不用品を売ってみたり。大きなお金をある程度自由な環境で得たいのであれば、事業を手掛けるという選択肢もあります。それらは「時間、体力、アイデアなどの何かしらのリソースを割く」必要があります。

ところがFX取引は、「商品開発の手間」が不要です。商品開発だとか、顧客を探したりだとか、広告を打ってみたりだとかそういった手間が一切不要。口座さえあればすぐに経済活動を開始できるのがすごいところです。「お金がお金を生む」のですね。

少額から始められる

事業を展開するとなると少なからずお金がかかります。商品開発や送料、倉庫にお金がかかる場合もあるでしょう。ブログをするにしてもドメイン代やサーバー代が必要です。FXに関しては最低限の取引手数料(スプレッド。必要なときにまた詳細を解説します)のみが経費となり、最初は5000円もあれば十分です。

コツコツ積み重ねる世界

芸能人のスター性、起業家のような発想力、FXには必要ありません。基礎練習を積み重ねて「技術」を会得すれば十分に勝てる世界なのです。

FXの仕組みを理解して、少額から始められることも知ったいま、まだFXは怖いでしょうか?もちろん、よいことばかりではありません。

FXの怖いところやデメリット

  1. お金を失う可能性がある
  2. 全く勝てない人のいい加減なコーチングやツール販売
  3. 世間受けが良くない(場合がある)

お金を失う可能性がある

FXは技術です。技術を身につけるには明確な目的と正しい検証・練習が必要なのはいうまでもありません。会得に必要な時間は決して短くなく、1年、2年と訓練を積む必要があります。失敗トレードを何百回も繰り返して成長するんですね。

まだ初心者で勝ち方を確立していないのにもかかわらず大金を入金し、デタラメなトレードをしてお金を失ってしまった人と話したことがあります。・・・はっきりといいましょう、初心者のうちから大金を入金するのは無謀です。最初は余剰金(失っても生活に困らない)の5000円程度でコツコツ練習をすべきですね。

損失を抑えたい方は「デモトレード」といって、バーチャルのお金(無料)で練習できます。

全く勝てない人のいい加減なコーチングやツール販売

FXの怪しげな部分といえばこの分野のことを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。中身がよくわからない自動売買ツールを数万円で購入したり、FXで必ず儲からせてやるからと数十万円のコーチングを申し込んだものの音信不通になったりだとか。

僕は自動売買についてはロジックが明快なものであれば導入しても問題ないと思っています。しかし「この自動売買ツールが一体全体なにをしているかわからないけど、儲かるらしいから」、という考えで運用するのはリスクだと感じます。一時的に稼げても自分の力ではありませんからね。

コーチングについて、私は可能なら受けるべきだと思っています。なぜならコーチングを受講することで成長スピードが飛躍的にアップするからです。スポーツや勉強、なんでも共通していますが、手引があるとないとでは雲泥の差がでます。しかし、コーチの選定には慎重になったほうがよいでしょう。可能であればブログやtwitter、無料通話などがあればそういった制度を利用してコーチング方法とわかりやすさ、人柄をチェックしましょう。

ちなみに私のコーチングは無料通話でヒアリングをします。こちらがお伝えできること、できないこと、コーチングの方法等を具体的にお話させていただいています。とくに人柄がマッチしないとコーチングって難しいですから、よいコーチを見つけるにはしっかりと目的を明確にして得られるものがあるか?じっくり考える必要があります。

世間受けが良くない(場合がある)

残念ながらFXは万人受けしません。とくに何も知らない、無知な人ほどFXを批判・・・いえ非難する人も多いです。「損するからやめなさい!」という具合です。なんとなく、イメージがわるい。なんとなく、怖い。なんとなく、だめ・よくない。そういう世論があります。まあ、世間がなんといおうと関係ないんですけどね。

まとめ

何度かお伝えしたようにFXは技術です。一夜で身につくものではなく、スポーツや音楽のように終わりがない、正解の形もひとつではない複雑で奥深い技術の世界です。

そういった認識でしっかりとコツコツ積み重ねていった人たちはみな上達します。

逆に一攫千金思考な人ほど、お金をツッコむけれどリターンを得られず退場していく印象です。

FXは怖くありません。技術を身につける訓練を少しでも早くからコツコツと継続していくことをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です